History of Rhinestonesラインストーンの歴史

by - 月曜日, 12月 26, 2016


キラキラのコスチュームジュエリーには欠かせないラインストーン。
いろんな形やサイズがあって眺めてるだけでも本当に飽きないです。

宝石の模倣はとても昔からあったのですが、それらはとても高貴な人のみがもてるものでした。これらは『paste』とよばれ、グラスをペースト状にして、型に入れ熱を加えて作られたものでした。

さて、コスチュームジュエリーに使用されるラインストーン、カラフルなグラスにシルバーやゴールドのフォイルバックのジュエルが広がったきっかけは1800年代のフランス。
貴族は長い旅をして王様に会いに行くことがあった時代、その荷物には王様との食事会で着飾るためのたくさんのジュエリーが積み込まれていましたが、強盗に襲われて奪われてしまうことが多々ありました。そこで貴族は職人に本物そっくりのジュエリーの『偽物』を作ることを命じます。
丁寧に手作業で一つずつガラス作られたルースの偽物は磨かれ裏はカッパーやシルバーで覆われます。

偽物とはいえ大変手間暇のかかる『偽物』も高価なものでお金持ちや貴族のみが付けれるものでした。その手法はやがて広がり、1890年代までには農家などによって手作業で一粒づつ作られていました。農業をやめ、その仕事のみで生活している家庭もあったようです。

1895年、Daniel Swarovski がオーストリアのTyrolにグラスの工場を設立します。
自身が発明した機械によるカット、研磨ができる機材を備えた対規模な工場でした。
1908年に彼はグラスに32%のリードを混ぜた反射の大変美しいグラスストーンを作ります。
これらは『Strass Austrian Crystals』と呼ばれておりました。さらにストーンのフォイルをできる機材の発明により、手作業で行われる作業が減り、一度にたくさんのストーンを製造することができるようになりました。

Swarovskiについての詳細はジュエリーと一緒に後日改めて。。

世界各地で『Paste,False stone, Flint Glass, Diamite』などと呼ばれる中『ラインストーン』という呼び方はアメリカで広がりました。
1800年代後半ライン川を訪れた観光者はそこでピンクやブルーに輝くライン川で採れたクオーツストーンを加工して作られたダイヤのように輝くジュエリーなどがお土産にあったようです。これが『ラインストーン』と呼ばれ始めたのが始まりでした。


ヴィンテージのオリジナルパッケージのままのラインストーン
左は日本のヴィンテージ。

You May Also Like

0 コメント